​夜間待機・オンコールの負担を軽減することでスタッフの生産性は上がります

多くの訪問看護ステーションの経営者を悩ます夜間待機・オンコール問題を効率化させ、スタッフが日中の業務に集中できる強い体制を作ることで、訪問看護ステーションの生産性は飛躍的に​上がります。

SERVICE

訪問看護事業者を対象に、オンコール・夜間待機の業務支援サービスを行っております。

急な退職・離脱から夜間待機人員不足しオンコールの継続が難しい、新規設立により立ち上げたばかりで夜間待機体制・ノウハウがない場合に最適です。

PLAN

(1)オンコールのみ支援プラン

緊急電話を外部に委託可能です

(2)必要に応じて夜間対応、現場での支援プラン

​PRICE

​ご料金は都度お見積もりいたします。

お問い合わせ欄よりご連絡くださ。

Schedule

  1. お問い合わせ

  2. ご状況ヒアリング

  3. 契約締結

  4. サービス開始

導入期間は、2ヶ月はかかります。お急ぎの場合は別途ご相談くださいませ。

弊社スタッフ人員の関係でお受けすることが難しい場合もございます。

​VOICE

【CASE(1)】東京都の訪問看護ステーション

事業所規模:2ステーション

利用者数:150名

利用者の医療依存度:低め

電子カルテ利用:有

ご契約内容:1STコール支援(週7日)

【ステーション管理者さんからの感想】

複数事業所を運営していますが、急な人員減が重なり、オンコール継続が難しくなりGIVER社へ問い合わせました。夜間帯の電話相談は月に10件ほど、緊急出動に繋がったケースはありません。夜間待機・出動での心的負荷が減り、日中の訪問に集中できる体制が整いました。

看護師Aさん / ST管理者 

【CASE(2)】神奈川の訪問看護ステーション

事業所規模:5ステーション

利用者数:600名

利用者の医療依存度:高め(お看取りも多い)

電子カルテ利用:有

​ご契約内容:トータルサポートプラン(週3-5日)

 

【ステーション管理者さんからの感想】

複数事業所の夜間対応を少数のコール人員でシフトを組んでおりますが、お看取りのご利用者さま少なくない事業所なので、夜間出動が出た際の翌日のスタッフの休みとそれに紐づく訪問調整など、現場スタッフだけでなく管理者側でも疲弊しておりました。

GIVER社との契約では基本契約を週末(金土日)、状況に応じて追加もできるのでお看取りが増えると予め予測ができる際のバックアップとしても利用させていただいております。

看護師Bさん/統括管理者