スタッフ紹介

子どもと家族、ケアの担い手が

​幸せである社会へ

前田 雄大 (代表取締役/看護師)

 訪問看護師として働く最中受け持ちの医療的ケア児とその家族が社会参加出来ない状況に置かれた事をきっかけに、自身が提供しているサービスの在り方に問題意識を持つようになりました。
「働きたいけど、働けない」「出かけたいけど、出かけられない」
預け先が少なくて、ケアの担い手がいなくて、理由は様々あります。
医療的ケア児やその家族も、そのケアの担い手である医療者側にも同様の問題が起こっています。
 こういった問題を社会全体で解決出来るようなサービスや環境作りを目指していきます。

 

<プロフィール>

 1990年生まれ、鹿児島出身。地域医療支援病院 手術室勤務中に患者さんの在宅で過ごしたい想いの強さに触れ、最年少で訪問看護の世界へ。3カ所の訪問看護ステーション立ち上げ/スタートアップに関わり、終末期や精神、小児看護を実践。現場でのマンパワー不足や制度の壁(課題)を実感。既存のサービスでは賄いきれない部分の受け皿となるべく、GIVERを起業。

病児を取り巻く

家族を支えるケアを提供する

澤柳 匠 (チーフマネージャー/看護師・保健師)

 子どもが病気を持っていても、それぞれの家族が成長し・困難を少しでも乗り越えていけるように支援したいという想いで、GIVERに関わっています。外出や仕事、旅行に出かけたりと、あらゆる場面で子どもに関する相談や、ご家族の悩み、またケアの援助などに協力していきたいと思います。また、社内のインフラ整備等、業務改善などを中心に行い、スタッフの働きやすい職場づくりも行なっています。

<プロフィール>

 1987年、静岡県生まれ。大学病院小児科、訪問看護と一貫して小児看護に従事する。病気の子どもを持つ家族が、「その家族らしく」生活できるように、家族看護を実践している。現在、東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻に在学中(休学中)。

どんな子どもでも

笑顔で暮らせる社会を目指して

田中 綾夏 (マネージャー/看護師・保健師)

 医療の発達と共に300gで生まれても助かる命がありNICUの看護師としてやりがいを感じていた一方、退院した後の生活は家族へのサポートが減ってしまう現状に疑問を持っていました。退院してからがやっと家族のスタート地点です。家に帰った後も安心して暮らせる社会づくり、地域で支える子育て環境づくりを目指しGIVERで働いています。どんな子どもでも穏やかな日常生活を送り社会参加ができるよう利用者さんに寄り添っていきます。

<プロフィール>

 1988年生まれ、横浜市出身。慶應義塾大学病院 新生児集中治療室での勤務経験から、入院早期から退院後を見据えた包括的な支援が必要だと痛感。地域医療を学ぶため長野県の佐久総合病院の訪問看護ステーションへ転職し在宅医療の世界へ。

テクノロジーで

看護ケアを支援する

吉岡 純希 (テクニカルアドバイザー/看護師・保健師)

 自宅や病院など療養環境がすごしやすくなるように、楽しく過ごせるように支援させていただけたらという思いで、GIVERに関わらせていただいております。うけられるケアの幅がより広がり、GIVERでしかできない体験を届けたいと思います。また、現場のスタッフが働きやすいよう技術的なサポートをしていきます。

<プロフィール>

 1989年、札幌市生まれ。看護師の経験をもとに、テクノロジーの医療現場への応用に取り組む。「Digital Hospital Art」にて、ケアプロセスに基づいたデジタルアートを制作・実施。慶應義塾大学にて看護と3Dプリンタに関する研究「FabNurseプロジェクト」に関わっている。

BLOG (準備中)
FAQ (準備中)
お問い合わせ

住所:東京都品川区南品川2-2-5 ペガソ21南品川ビル2階

TEL:03-4400-7745

​訪問中で電話に出れないことがあります。その際は折り返し電話いたします。

© 2019 by Giver.Inc